ブルーベリー効果

ブルーベリーというのは、多くの人が知る北アメリカ原産のツツジ科の植物で、その小さな実の中には、沢山のビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。
古くから、疲労回復や病気予防に役立てられてきた経緯があり、目に対する健康効果が高いことで知られています。

 

第二次世界大戦中、ブルーベリーを毎日食べていたパイロットの視界がハッキリしたという事実があり、その後、研究した結果、ブルーベリーに含まれるアントシアニンに、視力回復効果があることがわかったのです。

 

ブルーベリーには、非常に高い抗酸化力があり、血管や胃潰瘍などに対する効果も立証されています。
目や脳の老化を防ぐ働きがあるので、視力回復によいのです。ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、網膜にあるロドプシンという成分を助ける作用があります。

 

加齢や眼精疲労で見えにくくなるのを防ぐ働きがあるので、老眼や疲れ目を改善する力があるのです。ブルーベリーには、血管の強化や血流改善、血中コレステロールを改善する作用もあります。活性酸素に対する効果が強いことから、近年ガン予防の研究も進められているほどです。


ブルーベリー副作用

ブルーベリーの副作用は、どのような場合に起こるのかというと、過剰摂取した時です。
ブルーベリーの摂取量は、1日約160〜480mgが目安とされています。
そのため、サプリメントで摂取する場合、これらの摂取量の目安を守る必要があります。

 

ブルーベリーは、目の疲労回復や白内障、網膜症、月経困難症の改善に効果的なので、少しくらいは多めに摂取しても問題はなく、大きな副作用が起こることはまずありません。
また、他のサプリメントや薬と併用しても、副作用が起こることはありません。ただ、出血症の病気や血栓症の病気の治療のために薬を服用している人は、併用時にやや問題があります。

 

ブルーベリーは、血液を固まりにくくする効果があるからです。
それ以外であれば、ブルーベリーの副作用は、まずないと考えてよいでしょう。

 

ブルーベリーに副作用がないのは、食品由来の成分だからです。妊婦や授乳婦の人が摂取しても、これまで副作用の報告がありません。今まで大きな副作用が報告されていないことから、ブルーベリーは、安全な成分であり、安心して飲めるサプリメントとして認められています。


ブルーベリー多く含む食品

ブルーベリーには優れた抗酸化作用があり美肌や健康にも良いと言われています。
また、アントシアニンが豊富に入っているため、目の健康にも良いです。

 

デスクワークや勉強で目を酷使している方にブルーベリーがお勧めです。

 

ブルーベリー多く含む食品として人気なのは、ブルーベリーサプリメントです。
毎日、決まった量を食べることができますし、ドラッグストアなどで気軽に買えるのも人気の秘訣です。

 

ブルーベリーは、プレーンヨーグルトにトッピングして食べると美味しいですし体にも良いです。

 

スーパーの果物売り場にもブルーベリーは売っていますが、毎日食べるのは難しいですよね。
ブルーベリージャムでも豊富にブルーベリーを摂取できますが、糖分が気になる方も多いと思います。

 

砂糖不使用のブルーベリージャムなら、パンに塗ったりヨーグルトに乗せたりして豊富なアントシアニンを摂取できます。
安くて良い生のブルーベリーが手に入ったら、生のまま凍らせて常備するのも良し、ジャムを作るのもお勧めです。
サプリメント以外の食品から摂る場合には、糖分が多いので夜以外に食べるのがお勧めです。